同性愛者 死刑の国

同性愛者 死刑の国

同性愛者 死刑の国



イスラム教国ブルネイを象徴する「ジャメ・アスル・ハッサナル・ボルキア・モスク」。同国では4月3日から同性愛行為に対する過酷な死刑制度が施行され、人権団体などから懸念の声が出ている。

同性愛者に対する処遇は国によって大きな開きがある。法律で結婚が認められている国もあれば、性交渉に対して死刑を ...

 · 現時点においてlgbtに対して否定的な国を挙げよと言われた場合、おそらくイエメン、イラン、サウジアラビア、スーダン、ソマリアの5カ国が挙げられるのではないでしょうか。これらの国はlgbtであるというだけで、死刑になることもあり得るからです。

2019年現在、シャリーアにより同性愛者が死刑に処される可能性がある国は以下の通りである。 また、これら以外に同性愛者が死刑に処される国はない。 アフガニスタン:刑法には明確に言及されていない。 ただし、ターリバーン政権消滅以降に死刑判決は下されていない。

 · 国連「同性愛者の死刑を非難する決議」に対し、日本はまさかの反対 これにどれだけの意味があったのだろうか。

同性愛者 死刑の国 ⭐ LINK ✅ 同性愛者 死刑の国

Read more about 同性愛者 死刑の国.

7
8
9

Comments:
Guest
Talk is cheap, until you talk to a lawyer.
Guest

You are young and useful at any age if you are still planning for tomorrow.

Guest
Always hold your head up, but keep your nose at a friendly level.
Calendar
MoTuWeThFrStSu